東京遠征撮影会3days~another story~

世界を摘め。篠崎卓也です。

日々、兵庫県川西市より愛を込めて美容情報やその他もろもろの発信に努めております。

 

あっという間に一週間が経ってました。

 

先週の夏休み期間に、例のユニフォーム撮影で3日間東京の青山にある【レンズマン】という撮影スタジオを借りて撮影会してました。

そん時のお話を。

 

関西からのモデル応募を頂いた場合は、今働いている川西のお店まで来てもらって営業後に撮影しているのですが、野球は全国区です。当然全国から問合せをいただきます。

告知は基本的にSNSオンリー。SNSに敏感な都会からの問合せが圧倒的に多いのです。

昨年から遠征と称して、問合せの多い関東・名古屋・福岡へは撮影しに行っていたのですが、普段は美容室で働いているので連休など皆無。僕1人なら連休も取れなくもないんですが、同店舗で2人(野球狂と呼ばれたい同僚)同時に連休はあまり快く思われないのが現実。ですから遠征撮影会は定休日(月曜日)の前日営業後から出発して、朝から夕方まで撮影してそのまま直帰というパターン。

だいたい5~6時間スタジオを借りていて、名古屋や福岡、その他地方の場合はそれ位で時間がちょっと足りないかなぁくらいなんですが、関東の場合は問合せ用LINEで告知するとあっという間に定員に達してしまうのです。毎月関東へ行っても間に合わない気が…

そこで、今回の夏休み期間を利用して3日間撮影やっちゃおうと企画したのが始まりです。

 

4月某日

当初のプランは午前中~夕方まで撮影して、その後、メットライフドーム・神宮球場・東京ドーム・ZOZOマリンスタジアム・横浜スタジアムと、関東の球場を一気に巡るという野球三昧な企画です。

その為にも、関東5球場でそれぞれ連日試合があって、しかもナイターでやっているタイミングと夏季休暇を合わせるところからスタート。

運良く、8/10「巨人-阪神@東京ドーム」、8/11「ロッテ-西武@ZOZOマリン」、8/12「DeNA-阪神@ハマスタ」が夏季休暇日程と被っていました。

東京・千葉・横浜それぞれの地域でスタジオを借りて、撮影後そのまま野球観戦。考えただけでワクワクします。

日程が確定したのでモデル応募頂いてる専用LINEにて告知。一日5時間の撮影で大体15人を目安で予約をとるんですが、その日のうちに3日間とも定員に達してしまいました。ありがたいことです。そこから各球場の最寄りでスタジオを探す事に。

ここでひとつのハプニング。東京はスタジオたくさんあるのに、千葉・横浜は条件の合うスタジオが見付からず、結局東京の青山にあるスタジオを三日間レンタルすることになりました。

基本的に活動は実費。

交通費+スタジオレンタル料(5時間×3日)+飲食代+野球観戦チケット代(×3試合)=…

恐ろしい金額が弾き出されました…

今までは、交通費+スタジオレンタル料(5時間×1日)+飲食代だけで済んでいたので問題無かったのですが、三日間撮影した上に野球観戦も追加すればそうなりますよね。

そこでひとつの打開策を…

takuya shinozaki
撮影料取っちゃう?

 

果たして自分たちはお金をいただく程のレベルにいるのか…?

 

正直にアレンジスタイル・撮影クオリティーなんかは、ほんと毎回反省しっぱなしで日々更新される課題に向かって励んでいるところです。

今までの活動は認知してもらう事に重点を置き、スタイルレッスン・撮影レッスンも兼ねて活動してきました。

まずは知ってもらうこと。無料と言う一番単純な間口の拡げ方です。そのおかげで全国で500名近くの問合せを頂けてると思いますが…

 

でも、カメラマンとして撮影料をいただけるレベルには至っていないんじゃないかという不安…

前向きに考えられる材料は、撮影させて貰った方々の反応は今までの一般的なサロンスタイル撮影のそれとは明らかに違っていました。

何度も撮影に来てくれたり、同じ野球観戦仲間を紹介してくれたり、球場で声を掛けられるようになったり、クチコミの大事さなんかも再確認出来ました。

写真に価値を付ける訳じゃなく、撮影会に参加してもらう・その場を楽しんでもらうといった、カタチではないところに価値があるんじゃないかと。

そこに掛けてみようと思い、今まで無料で行っていた撮影会に参加料を頂く事を改めて告知しました。

まずは、キャンセル待ちしてもらっているモデルを少しでも減らせるようコンスタントに遠征が出来るように。1回のスタジオ代を賄えるくらいの料金設定をしました。

 

告知後の反応は自分の考えていた程の問合せ件数に変動はありませんでしたが、料金を頂くという部分の責任感は当然増してきます。

今までと同じことをしてたらダメだ。もっと楽しんでもらう・喜んでもらわなければお金を頂く権利は無い。

そこから『パリーグ浴衣』や『Colore DC』といったユニフォーム以外でも野球観戦を楽しんでもらえるものを探したり、撮影会でもそれらを使用できるようにしたり、より満足度を高めるために幅広い分野に目を向けることを意識しました。

 

遠征日程が決まり問い合わせ対応が落ち着いた頃にモデルではない問い合わせがありました。

ジャパンラグビートップリーグのNECグリーンロケッツの廣澤選手。

昨年の五郎丸ブームはありましたが、まだまだ日本ではマイナースポーツに属するラグビー。2019年ワールドカップに向けて、ラグビー界も集客の為に力を入れていこうといった方針なんだそうです。ただ、マイナースポーツの宿命である資金面でなかなか広報活動に費やすことができない為、選手自身がSNSを使った集客や告知を任されているそうです。

そんな中インスタグラムで発見した【プロ野球観戦デートアレンジ】アカウント。グリーンロケッツも女性ファン獲得に向けたグッズ展開などを始めた所で、8月のトップリーグ開幕に向けて告知のお手伝いをしてほしいといった問い合わせでした。

「なんと光栄なこと…(涙)」

自分自身も新たな次の手に何かないかと模索していた最中でしたので、そこから廣澤選手と色々話し合いながら今回の撮影会でG・ロケッツグッズで撮影することになりました。

遠征前出発前までにグッズを送っていただき、『パリーグ浴衣』『Colore DC』と合わせて持っていきました。

 

待ちに待った撮影会3days。

毎度お馴染み【レンズマン青山】

広々とした撮影ブース・セットブース・ウェイティグエリアで、たくさんのモデルさんでもゆったり寛いでもらえるので、お気に入りのスタジオです。

初対面のモデル同士でも野球好きということだけですぐに仲良くなってました。

連絡先を交換したり、撮影会をきっかけにこういった輪が広がるのも嬉しいです。

東京の美容師さんが見学&ヘルプに来てくださったり。

この企画を通して色んな方々と繋がれる事が一番嬉しい事かもしれません。

G・ロケッツグッズも喜んでもらえたのでほんとによかったです。

 

https://twitter.com/shiousagi0x0/status/896297614261362688

https://twitter.com/izumin_dayoo/status/895914047584862208

開幕前の大事な時期にも関わらず、グリーンロケッツの廣澤選手もスタジオまで来てくださいました。

 

思いつきで始めた【UNI.B.AR~プロ野球観戦デートアレンジ~】

自分が面白いだけで始めた企画が、少しずつ広がっていく輪の中で、誰かが求めてくれたり喜んでくれたりすることがすごく嬉しくて、もっとこの輪を広げていけば、もっと大きなこと、新しい事ができるんじゃないかと思っています。

美容師として、それ以外でももっと幅広い活動ができるように今後も活動します。

 

撮影後の観戦レポートは後日アップします。

 

 

ヘアスタイル・スタイリング・アレンジ方法や髪質に合わせたケア方法なんでも質問してくださいね

阪急川西能勢口・JR川西池田で美容室をお探しの方は是非お問合せ下さい。

Line@takuya shinozaki

友だち追加

Instagram  @takuya.shinozaki

takuya.shinozakiinstagram-logo

プロ野球人気の再興・王政復古を大義に掲げ

美容師が本気でプロデュースする『プロ野球観戦デートアレンジ』

オフィシャルホームページはこちら

unibar,takuya-shinozaki,blog

東京遠征撮影会3days~another story~” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA