忍び寄る魔の手~その巧妙に仕組まれたトリックの実態に迫る~

世界を摘め。篠崎卓也です。

日々、兵庫県川西市より愛を込めて美容情報やその他もろもろの発信に努めております。

 

結婚・保険金・フィッシング・ワンクリック・オレオレ…あげればキリがない深刻化する詐欺の手口。身の回りに溶け込んだその巧妙な魔の手は日々進化しており、ありとあらゆる手段で私達に襲いかかってきます。

まさか自分には…なんて考えていると知らず知らずの内に騙されていた、なんて事に…

実際、私もそう考える一人でした。

騙された事のない人間は口を揃えてこう言うのです。

「思慮深さが足りない」とか「冷静さが足りない」とか「ものは何でも疑ってかかるべきだ」

果たしてこれらの人たちも実際被害にあった後に同じことが言えるのでしょうか。

そこで今日は私の身に起こった悲劇のお話をご覧頂こう。

 

 

普段仲良くしている美容師さん達と飲みに行く機会があったんです。

前もって予定を組んで行く場合と、TwitterのTLで発見して、「じゃ行くわ」みたいな流れで急遽集う場合と…

その日は前もって約束をしていました。

当日。僕以外のメンバーは19:00過ぎから集合していたので、僕は仕事終え弾丸で現地へ向かっていました。

その店は『博多名物・鶏皮』が食べれる【火の音水の音】という西梅田のハービスの地下にあり、事前の調査で分かっていたことが、

『火の音ハイボール』
“飲めば飲むほど安くなる!”

飲めば飲むほど安くなる上に、6杯目がなんと…

無料!

takuya shinozaki
なんだこのシステムは…罠かッッ!?

と思いながら、2人が飲み始めているお店へ急いで向かいました。

TLで荒れ狂う現地の状況を追いながら、これは自分の考えうる最速の手段で行かなければと、電車の先頭車両まで移動し、梅田到着までその香ばしい鶏皮の香りを想像し悶々とした気持ちと『速く』という願いを織り交ぜながら、運転手の後頭部目掛けて念じ続けました。

 

開始から約30分遅れで到着するなり、

ここの鶏皮は冷めても旨い』と謎のフレーズを唱えられました。

2名は既に『火の音ハイボール(四杯目)』と『鶏皮』を堪能しておりました。

私も早速『火の音ハイボール』を注文し、遅れを取り戻す事に。

 

道中のTwitterを見ながら悶々としていた気持ちを洗い流すようにハイボールを流し込む。

ハイボールも止まらない。鶏皮も止まらない。

口では説明するのが難しいんですが、ほんとに止まらない美味しさなんです。

その後も荒れ狂うTLに釣られて続々とメンバーが増え続け、いつしか僕も『ここの鶏皮は冷めても旨い』と唱えていました。

 

飲んだらおかわり

鶏皮もおかわり(1本100円)

 

旨い肴に旨い酒…楽しいメンツに話も弾んで、あっという間にサービス分の六杯目に到着。

 

ここで思い出して下さい。

 

このシステム…

 

ここで皆の脳裏に一つの疑問が生じてきます。

 

(六杯目以降はどうなるんだろう…?)

 

恐る恐る定員さんに確認すると…

 

店員「6杯目以降はどれだけ飲まれても無料です!」

 

一同驚愕ッッ!!

 

「ハイボール無限ループッッ!!」

「どんな太っ腹商売だよッッ!!」

 

その後も延々と鶏皮とハイボールを追加しながら夢のような時間を過ごしたのでした。

こんなに幸せな気持ちになれるのなら皆に共有せねばと、翌日から使徒のようにお客様へ伝えていきました。

同席していた友人も「これは一つの事件である」とブログを使ってまで共有しておりました。

ブログ・SNSを使った驚異の拡散に、「どこのお店ですかッッ?」「是非連れって下さいッッ!」と言った問合せが殺到したという…

 

しかし…

 

皆様はお気付きだろうか…

この巧妙に仕組まれた狡猾なトリックを…

 

1杯目450円→2杯目400円→3杯目350円→4杯目300円→5杯目250円→6杯目無料!

 

この、少しづつ安くなっていくシステムに惑わされ、更にはアルコールを重ねる事によって我々の判断能力を低下させ、挙句の果てに「以降の料金はどれだけ飲んでも加算されません!」というトリックワード。

冷静になって考えてみると別段よくある普通の話で、1750円払って飲み放題してるようなもんなんですよね。

お酒の力とトリックワードを駆使して、更には「虫も殺せません」と言わんばかりの人の良さそうな使者を使い激安感を植え付けられた我々は、神様の如く崇め奉る始末。

ほんと騙される時って呆気なく騙されるんですよね。気付いた頃には時すでに遅し。

ちょっと気になって梅田近辺の飲み放題の相場を調べてみると、2時間で1000円前後なんですよね。しかもハイボール縛りの飲み放題と考えると…

 

「ちょっと…高く…」

 

この先は口が裂けても言えませんね。

楽しい仲間との時間に値段なんてつけられませんから…

 

最後に…

 

何故僕がこんな大昔の熱の冷めた話を今更持ち出したかって?

 

それは…

 

ここの鶏皮は冷めても旨い』から…

 

 

次に騙されるのはあなたかも知れませんよ。

 

 

ヘアスタイル・スタイリング・アレンジ方法や髪質に合わせたケア方法なんでも質問してくださいね

阪急川西能勢口・JR川西池田で美容室をお探しの方は是非お問合せ下さい。

Line@takuya shinozaki

友だち追加

Instagram  @takuya.shinozaki

takuya.shinozakiinstagram-logo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA