【Aujua】オーダーメイドトリートメントで徹底髪質改善 Vol.2

世界を摘め。篠崎卓也です。

 

先日友人がこんなまとめ記事を投稿していた。

マジか!?

陰湿に大手美容メーカーのSNSアカウントへ悪質に絡み壊滅に追いやった張本人が…

とんだ寝返りじゃないか。これが“呂布”という男か。

 

 

という訳で僕もあやかろうという訳です。

 

 

いつも定期的にお越しくださるKさん。

Kさんのお悩みである

  1. 髪の硬さ
  2. 乾燥

これを徹底的に改善させていきます。

 

ヘアアイロン等の熱器具を多用するKさんの髪はタンパク質の熱変性により硬くなりやすい髪質です。

ですので、定期的に硬くなったタンパク質を柔らかくしてあげることで、髪本来のしなやかさに戻すことができます。

 

前回のトリートメント選定では、徹底的に硬さを取り除く事を重視し、オージュアラインナップの【フィルメロウ】一択でケアをしました。

あれから3週間、髪の状態はどうでしょうか。

前回のトリートメントより3週間経過していますが、前回の来店時よりは髪の硬さはなく、トリートメントの効果が少し残っているのを感じます。

しかし、毛先や表面の拡がりなどから伺えるように今回は“乾燥対策”と、これからの季節日増しに強くなってくる“紫外線対策”をメインにケアをしていきます。

 

今回もシャンプーは【フィルメロウ】を選定。

集中トリートメントの前処理的な役目で、前回までに失った栄養分を補充します。

 

シャンプーが終わり、タオルドライ後の状態です。

水分は含んでいますが、所々既に乾燥状態のフワフワした髪が見受けられます。

 

今回選定したラインナップはこちら

【タイムサージ】と【クエンチ】をブレンド選定。

Aujuaの豊富なラインナップは組合せを帰ることで3000通り以上のトリートメントが作れるんです。

その人の髪質やなりたいイメージにあわせて組合せを変える事で、どんな髪質にも対応できるし、美容師としてのやり込み度も相当なもんですw

 

まず【タイムサージ】から

Aujuaのラインナップでは“エイジングケア”の分類に属されるこの【タイムサージ】

①まとまりが悪くなる②髪がうねる③拡がる

といったように、年齢とともに変化する髪質を改善させるトリートメントで、①~③の原因とも言える、“疎水性タンパク質の増加”に合わせて、疎水性タンパク質と結合しやすい“ビタミンB6”を髪の内部に入れることで、水分保持力を高めてくれる優れもの。

エイジングケアのラインナップですが、エイジング毛のみならず、もともと水分保持しにくい乾燥毛にも使えます。

水分が含まれた髪は、しっとりしなやかにまとまりやすくなり、更にその他のラインナップの髪の内部に吸着させる栄養分の保持力も高まるので、綺麗な髪のベース作りに、僕は【タイムサージ】を多用します。

1~3剤までが終わりました。

次は、お流し後に4剤を塗布していきますが、その前に、

【タイムサージシャンプー】

こいつの栄養分たっぷりの泡を4剤コーティングしていく前に、もう1度髪の内部に浸透させます。

 

で、【デイライト】と4剤に選定した【クエンチ】

保湿力に特化したクエンチとUVカットのデイライトです。

これで留めです。

 

タオルドライ後ですが、表面の水分は拭き取られていますが、毛先の方までしっかりと水分が残っていてハネている毛はありません。

 

 

ドライ後です。

 

毛先まで潤いを保ったまましっとりまとまるしなやかな髪質に変わりました。水分の含まれた髪は髪色も濃くなり艶っぽくなりましたね。

健康的な髪の内部には十数パーセント水分が含まれています。その適正値より少なると、毛先の拡がりやうねり、手触りだとパサっとしたりザラついた質感にかわります。

今回のトリートメント選定は、健康的な水分量を保持し、ハンドブローだけでも毛先まで収まりやすく扱いやすい髪質に変化させました。

Kさんいつもありがとうございます。これからもケア続けましょうね。

 

毛髪診断だけでもお気軽にお尋ねください。

 

オーダーメイドヘアケアプログラム【Aujua】で理想の髪を手に入れましょう。

 

ヘアスタイル・スタイリング・アレンジ方法や髪質に合わせたケア方法なんでも質問してくださいね

阪急川西能勢口・JR川西池田で美容室をお探しの方は是非お問合せ下さい。

Line@takuya shinozaki

友だち追加

Instagram  @takuya.shinozaki

takuya.shinozakiinstagram-logo

プロ野球人気の再興・王政復古を大義に掲げ

美容師が本気でプロデュースする『プロ野球観戦デートアレンジ』

オフィシャルホームページはこちら

unibar,takuya-shinozaki,blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA