8年越しの『白い彗星』~関東撮影へ向けて~

世界を摘め。篠崎卓也です。

 

以前のブログで述べましたが

 

Run The Hazard~〇〇と馬力はデカイ方がいいという話~

 

僕の愛車『TOYOTA COROLLA RUNX Z

 

TOYOTAが誇る名機『2ZZ-GE』は、直列4気筒DOHC16バルブVVTL-iシステムを採用したエンジンで、最高出力は7600rpmで190ps、最大トルク6800rpmで18.4kg・mを絞り出す。

そんなスペックマニアな僕がRUNXに心奪われたのはアルバイト時代まで遡る。

 

ガソリンスタンドに併設された手洗い専門の洗車場。

 

手洗い専門店という事もあり、割とハイエンドな方々が来店されていました。

 

国産高級車と呼ばれる類から数千万クラスの車。

 

来店されると受付からpitまで運転させてもらえるのがこの仕事の醍醐味。

 

その高揚感たるや、20代前半の小僧にはそれだけが楽しみで働いていた事を思い出す。

 

頻繁に来られていたお客さんがいて、その方が乗っていたのが、真っ白のRUNX Z。

 

国産エンジンで6速MTがラインナップされている車種は限られていて、しかもマニュアルシフトがヨーロッパ輸出仕様でバックギアが左上、1速の隣りに配置されている。

 

takuya,shinozaki,blog

takuya,shinozaki,blog

 

初めて乗った時は車庫入れ出来ずにオーナーに聞きにいったのを覚えている。

 

対ヨーロッパ仕様』そんなワードに心惹かれていた。

 

 

それから時は進み2008年。当時、北関東は茨城県土浦市に仕事で赴任していた。

 

その頃はバイクも卒業していて、そろそろ車かなと思い始めていたので憧れのRUNXを探すことに。

 

RUNXの生産は2006年で終了しており、販売台数はそこそこあるけど僕の狙っているグレードは希少。1.8リッターの6MT、しかも白一択。

 

ネット検索し始めて3ヶ月ほどたったある日、1台Hitしました。

 

詳細ページの年式・走行距離ともに申し分無し。しかも場所は栃木県足利市にあるTOYOTA。

 

土浦住んでて良かったと思えたのはこの時くらいです。

 

takuya shinozaki
これはもう行くしかないッッ!!

 

直ぐに電話して、印鑑・通帳持って友人の車借りてぶっ飛んで行きました。

 

お店に着いて早速車を見せてもらい、運転席に座りエンジン始動。

 

その瞬間

 

takuya shinozaki
これ下さい!

 

着いてから5分も経ってませんが即決です。

 

 

RUNXとの出会いはこんな感じでした。

 

 

実家のある関西へのタイムアタックも何度かやりました。

 

ベストレコードは5分休憩2回を挟んで4時間55分。

 

しかし、あれから7年。

 

体力的な事を考えると600kmの耐久レースはさすがにビビリミッターは外せません。

 

 

しかし、行かねばならんのです。

 

 

【ご報告】漫画『グラゼニ』PRガールズユニット☆グラゼニ女子×UNI.B.AR☆緊急コラボ企画開催⚾

 

この為に。

 

昨晩は長距離に向けてガソリンも入れてきました。

 

 

 

スタートは明日営業後。

 

 

深夜のナイトクルージング、否、耐久レース。

 

 

ドキドキしています。

 

 

関東遠征の模様はまたブログにでも上げます。

 

 

でわ。

 

takuya,shinozaki,blog

 

 

Palacchi(パラッチ)豊中店
〒560-0021豊中市本町1丁目8-2 日住豊中本町ビル2F
TEL/FAX 06-6152-7404
営業時間 10:00-21:00(cut最終受付20:00)

 

ご予約は…

直接LINEでのご予約も承っております。

Line@takuya shinozaki

 

Instagram  @takuya.shinozaki

takuya.shinozakiinstagram-logo

プロ野球人気の再興・王政復古を大義に掲げ

美容師が本気でプロデュースする『プロ野球観戦デートアレンジ』

オフィシャルホームページはこちら

unibar,takuya-shinozaki,blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA