長すぎる前髪をパクッとやってしまったら。

世界を摘め

シノザキです。

今日のお昼ご飯はざる蕎麦でした。

僕は江戸っ子ではないので、麺はツユにしっかり派です。

だから食べる時はお口の方からお迎えに行くカタチをとるんですが、前髪がツユに…

 

という事で、カットしてもらいに。

 

普段は自店のスタッフの練習台になったりもしますが、違うお店に行くのも勉強。いちお客さんとして美容室へ行く、マンネリ化してしまっている自分の接客などを改めて認識出来るチャンスとして、たまに他の美容室へ行ったりします。仕事に対する意識の高さが伺えますね。

 

今回は、以前からお約束していた、

https://twitter.com/manabertarou/status/760800012733251584

こちらへ行ってきました。

 

そうです。僕は約束を守る男です。

 

僕が美容室へ行く時は、基本的に“美容師”とは名乗らず、「整備士です。」って行きます。

美容師さん相手に構える美容師さんはそんなにいないと思いますが、シャンプーするアシスタントさんとかはやっぱり緊張されたりすると思うんです。実際僕がアシスタントの頃はめっちゃビビってました。あとは、美容の話をしたくないのもありますね。普段の営業スタイルや、一般の方が受ける感覚をよりリアルに感じたい、と言う思いで美容師は隠していきます。

中には車やバイクがめっちゃ好きな美容師さんもいてますがどんな話でも対応できます。男性美容師さんは少なからず「beautiful life」の影響もありバイクの免許をお持ちの方が凄く大勢いらっしゃいます。 「TW乗ってたんすよ~」とか「こんな改造で~」的な軽めな美容師さんへも、流体力学や気体にかかる摩擦係数の話など持ち出すと喋らなくなります。悪意は無いです。オフってる時は基本的にあんまり喋りません、僕。

 

takuya,shinozaki,blog

takuya,shinozaki,blog

そうです。僕の特殊能力の一つ。国から整備で飯食ってもいいよと許された、所謂国家資格です。許可は貰ってても飯食えるかどうかは別のお話です。美容師免許も同じです。

 

でも今回は美容師同士としてお付き合いさせてもらっているので、美容トークかと思いきやずっと野球やマンガの話してました。むしろその話の為に行きました。実際Twitterでもそんなやり取りしかしてないので。

 

凄く広くて綺麗な店内に緊張している心を汲んでか、真鍋さんの丁寧なカウンセリングや技術に楽しい時間を過ごす事ができました。

takuya,shinozaki,blog

takuya,shinozaki,blog

鬱陶しい前髪もスッキリ。二度と前髪パクつく事も無いでしょう。

takuya,shinozaki,blog

takuya,shinozaki,blog

と言うわけで、よその美容室は新鮮で明日からの営業で活かせそうな体験をしてきましたよ、と言うお話。

http://manaberyoutarou-seibulions.tokyo/4928/

ウォーレン・トリコミ ニューヨーク ハービスエント大阪梅田 の真鍋さんから学んだホスピタリティを今後の営業で活かしてもらいます。

 

ヘアスタイル・スタイリング・アレンジ方法や髪質に合わせたケア方法なんでも質問してくださいね

Line@takuya shinozaki

友だち追加

Instagram  @takuya.shinozaki

takuya.shinozakiinstagram-logo

長すぎる前髪をパクッとやってしまったら。” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA